ホーム ≫ 歴史・文化 ≫ 小袖海岸・北限の海女(久慈市)

小袖海岸・北限の海女

小袖海岸を代表する奇岩です。かつて天井部分から釣鐘の形をした岩がぶらさがっていたことからこの名前で呼ばれています。しかし、昭和29年の津波で釣鐘の形をした岩は壊れてしまいましたが、現在は大きな洞穴だけが残っていますが、存在感のある奇岩です。

小袖には「かつぎ」と呼ばれる、磯のウニやアワビを巣潜りで採る海女の漁法が残されています。小袖海岸の海女センターそばの海岸で、7月から9月にかけてこの技を見ることができます。

実演開催期間 7月~9月の土日祝※見学は有料
10:20、11:20、14:20
TEL 0194-54-2261(小袖海女センター)
アクセス JR久慈駅・三陸鉄道久慈駅より車で約20分
HP http://kuji-tourism.jp/ama/index.html